06≪ 2018/07/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRSと性交渉?

こんばんわ~、のんびりのん子です!

なんとまあ、露骨な題名でしょう?

自分でもちょっと恥ずかしくなります。

性同一性障害の最終的治療法として、SRS(性別適合手術、いわゆる性転換手術)を行います。

私は、この手術と声の女性化手術(甲状軟骨接近術・・・声帯を短く糸で縛る)及び喉仏の切除(甲状軟骨切除術)を今から丁度2年前にタイのヤンヒー病院で行いました。

SRSの最大のメリットは、戸籍の性別を変更できる事です。

私の場合はこれが目的で手術に踏み込みました。

SRSの手術の方法も色々とあり、自分の陰嚢(金玉の袋・・・露骨で御免ね!)を膣に利用する「陰茎・陰嚢反転術(標準的な手術でちなみに私はこれ)」や腸の一部を利用してこれを膣にする「S字結腸法」などがあります。

これにより、一応人工的な膣ではありますが女性のように男性を受け入れることができる様になります。

そしてもう一つとして、外見は女性のように会陰部(大陰唇・小陰唇など)は作るけれど膣は作らない方法があります。

当然、この方法のほうが手術代が安くなりますし、体の負担が少なくて回復も早いですし、SRS後のあの大変なケア(ダイレーション)の必要もありません。

高齢の方や男性との性交渉をする予定?がない方にはとても良い選択かと思います。

そしてこの方法でも戸籍の性別変更が認められます。

女性の体に一歩でも近づきたい思いからこの造膣術を行い、毎日せっせとダイレーションに明け暮れているのですから当然、男性との性交渉を行う事が目的かと考えがちですが・・・

ある記事を読んでいるとこんな事が書いてありました。

SRSをしたMTFの方で実際に男性との性交渉を行ったのは、なんと10%程の人たちだとか。

10人に一人の割合です。

私がタイのヤンヒー病院で手術をした時に、日本から同じように手術にこられたMTFさんが5~6人おられ、そのうちの2人の方が日本に帰ったら、彼氏がいて結婚すると言っていました。

戸籍も変更して意中の方と結婚できればこれほど喜ばしいことはありませんが、大半の方は結婚することは無いかと思います。

「折角、痛い思いをして手術をしたのに、セックスをしないのなら、造膣をしなければ良いのに?」と当事者に尋ねると・・・

「それは、アイデンティティー(心理学でいう 自己同一性)の問題やわ!」と答えたそうです。

私もこれを読んで、「なるほど」と思いました。

私自身もこの先、この持ち物?のお世話になる機会に出会う確立なんてこの10人のうちの9人のグループ。

そんな寂しい毎日ですが、ふとした時に自分のあそこに触れた時に

「あ・・・私は女なんだ!」と再認識させてくれるのです。

SRSをする事によって、全ての世間の方から女性と認識してもらえるものでは決してありませんが、少なくとも自分が女性である事を自覚できる何よりの現実であると確認できるものであると思います。

性同一性障害で悩み苦しんだ日の事をいつまでも引きずる事は、良くないと思いますが・・・

それでも、あの大手術をして麻酔から目が醒め、初めてその手術をした場所に手を当てて、涙が出て止まらなかったあの思いだけはいつまでも忘れないようにしようと思います。

ブログランキングに参加しています。

更新の励みになりますので、応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

↑ のロゴをクリックすることでランキングがあがります


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: のん子さんのお陰で立ち直れました!yukiさんへ

こんにちわ~
本当に、大変、たいへんご返事遅くなって申し訳ありません!
あまりにも返事が遅くて、ご気分を悪くさせたみたいで・・・
私って、駄目だなあ~ と大変反省しております。

早速ブログ読ませていただきました。
ブログなんて好きなように書いたらいいと思いますよ。
ただ大事な事は、絶対にストレスを作るようなブログにはしないようにする事ですね。
「こんな面白い事があったんだ」とか、「みんなに知っておいて欲しいとか」、「日頃の不満」を訴えるとか、逆にブログに書くことでストレスが発散させるくらいに。

私もyukiさんのブログに書き込みさせて頂きますね。

> こんな暗い私ですが、もし良かったらこれからも遊びに来ても良いですか?
私がブログの更新をしていないために、コメントが入れにくくなっていますよね。

書きたい事がいっぱいあるのですが、ついついさぼってしまうんです。
できるだけ更新していくので、どんどんコメント入れて、できたら、「突っ込み」入れてもらえたら楽しいなあ~

コメント、とても喜んでいますから!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ブログ始めました♪;みさきさんへ

こんにちわ、みさきちゃん!
ブログ、早速読ませて頂いていますよ。
みさきちゃんの事がよくわかります。
面接の件、残念でしたね。
私らの時代、昭和40年代の高度経済成長期に入社して平成初期のバブルを経験した者にとっては、当時終身雇用制度が当たり前で(労働組合の力も強かった)定年まで一生同じ会社で働くと思っていた。
よもやこんな時代になるとは想像すらできませんでした。

「自分だけが・・・」と思えば辛いですが、「他の人も!」と理解すれば気持ちが楽になってきます。
実は私も、履歴書80通近く提出しています。面接も何件かありましたがわずかの望みも微塵にも吹き飛ばされました。
「なんで私だけ・・・」と落ち込んだ毎日でしたが、若い方たちが私以上に就職困難になっている状態を知り、「そりゃあ、私みたいな年寄り、雇ってくれるはずはないわ!」と思い、逆に雇ってもらえれば、「ラッキー」って感じです。

ヤンヒーに行かれるのですね。
何か、お産した病院へ診察に行くような感じ?
今度は、ゆっくりとタイを楽しんで来てくださいね。

まだまだ人生、長いですからぼちぼち行きましょうよ!
私は「これも人生、なるようになるさ」と、他人とちょっと違う経験をさせてもらっている事に、生きる楽しみを感じさせてもらってます。

のん子さんのお陰で立ち直れました!

ボクはあの日のん子さんに勇気をもらい、今こうして両足で立てているのだと思います。
のん子さんが覚えているか分かりませんが、ボク前にのん子さんにお世話になったyukiと言います。
それまでは色んな人に助けを求めはしたものの良い答えをいただけず苦悩の日々をおくっていました。
そんな折、のん子さんの日記を見かけ思わず投稿、唯一のん子さんだけが、当時のボクを井戸の底から引き上げてくれました。
大変助かりました。
ありがとうございます。
今、のん子さんを見習ってブログもはじめました。
赤裸裸過ぎて正直、恥ずかしいです。
何て言うか、いったい何処まで何を話せば良いのか不明な状況で馬鹿なもので文書も汚いです。
ダメですねボクは・・・。
申し訳ないです。
こんな暗い私ですが、もし良かったらこれからも遊びに来ても良いですか?
yuki

ブログ始めました♪

ブログ始めたのでHNも新しくしました
前回のコメで仕事の面接を受けることを書きましたが…不採用でしたorz
でもいいんです!また他に応募すれば
って言いたいですがその後いくつか応募しましたが全部不採用でした
実は今、とある用事でアクアさんにお願いしてヤンヒーに再び行く計画があります
早ければ来月です
SRSとは関係のないことですが、ちょうど1年だし検査してもらったらどうかって言われました
SRSのことは思い出しただけでも痛くなりそうなのに…
今度は少しは余裕を持って観光したいです
仕事はその後探せばいいかなって
副業やってるから収入自体ないわけではないです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 同感です:あまともさんへ

こんばんわ~
タイでの手術もあと少しですね。

> あたしも同じようにもういい歳になりますが、造膣をする予定です。
> 確かに年齢的な事を考えると、こんなおばちゃんを抱いてくれる男性はそうそういないと思います。
> だから必要ないかもしれませんが、その方も仰っていたように「アイデンティティー」なんですよね。
> せっかくお金をかけて、痛い思いをして女性になる手術をする訳ですから、本物ではないけれど極力女性に近づきたい。
> 持つべきものは持ちたい。
> その思いです。
> のん子さんの仰るとおり、きっとあたしもそこに触れたときに女を実感すると思います。
手術を済ませて女の体になると、「なんで今までこんなに悩んでいたんだろう?」って思ったり、「こんなことならさっさと手術をしておけば良かった」って思うでしょうね。
私は以前みたいに、男とか女とかにあまり気にしなくなりました。
たとえ男と思われても(大抵は女と思われていますけど?)、
「しゃあないやん、元は男やたんやから!」
そう思うと、腹も立たないし落ち込みもしません。

> でもあたし、結婚を諦めている訳じゃありませんから(笑)
> たとえわずかな望みでも可能性がある限り、女として幸せに生涯を閉じたいと思っています。
>
> だからのん子さんも頑張ってくださいね(^_-)-☆
あまともさんは、私よりずっと若いもん!
まだまだ結婚の的の中だし、純女なら子供も生める歳だもん。
私もあと10歳若かったら、ブイブイ言わしたんねんけど・・・・

手術したあとしばらくは、「タマタマのあったあの部分が痛い?」とか
「袋のあの辺が痛い」とか無いのにある感覚が続きますよ。

あまともさん、良い女になって下さいね!

同感です

あたしも同じようにもういい歳になりますが、造膣をする予定です。
確かに年齢的な事を考えると、こんなおばちゃんを抱いてくれる男性はそうそういないと思います。
だから必要ないかもしれませんが、その方も仰っていたように「アイデンティティー」なんですよね。
せっかくお金をかけて、痛い思いをして女性になる手術をする訳ですから、本物ではないけれど極力女性に近づきたい。
持つべきものは持ちたい。
その思いです。
のん子さんの仰るとおり、きっとあたしもそこに触れたときに女を実感すると思います。

でもあたし、結婚を諦めている訳じゃありませんから(笑)
たとえわずかな望みでも可能性がある限り、女として幸せに生涯を閉じたいと思っています。

だからのん子さんも頑張ってくださいね(^_-)-☆
Secret

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。