FC2ブログ
08≪ 2018/09/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納筆

こんにちわ~、のんびりのん子です!

このご挨拶で始まる私のブログも今回でひとまず最後にしたいと思っています。

一昨年の4月にSRSの決意をした日から今日までの約1年8ヶ月。


(タイで宣伝されているコマーシャルです)

若くて羨ましいほどの綺麗なMTFさんの中に、無謀にもこんなおばちゃんが仲間入りさせて頂き本当にありがとうございました。

当時、離婚をして明日への希望も失っていた時期に、多くの方からの励ましのお言葉を頂き、なんとかここまでやってこれる事ができました。

ブログを一先ず終わる気になったのは、昨日のブログを書かせていただいたからです。

自分の思いの半分も書けませんでしたが、それなりに表現できたと思っています。

昔と違い、今やマスコミやテレビを通じて、「性同一性障害」の認知度についても驚くほど高くなっています。

それでも、テレビに出演されている方を見ると、若くて綺麗なMTFさんと、歳の行ったオカマさんやゲイの方と言った2極化です。

日本で全国的な組織を持つ自助団体である、「gid.jp」のホームページにこんな調査結果が載っていました。

少し古い調査内容ですが参考になると思います


統計1
この表で気がつくのが30代以上の方が非常に多いという事です。

これらの年代になると結婚もされていてお子さんも居られる家庭も多い事でしょう。

当然、女性ホルモンを使用いているかたも沢山居られていると思います。

統計2
そして、こちらの統計では、SRSまで済ませた方は、たった一人になっています。

この数字だけを見て、SRSを済ませた方が一人しかいないと考えるのは早計です。

この自助会では、自分の性別に悩む若い方から40代を超える方までの多年齢層の方が出席されて自分の悩みを告白したり、先輩たちから助言を頂いたりしています。

ところが、SRSを済ませ、望みの性として一般社会に溶け込んでしまうと、大抵の方はこういった自助会から遠のいてしまいます。

SRSを済ませた方は沢山居られるはずなのですが、いわゆる、「埋没」という形で生活をしているのでこのアンケートに参加していないものと思います。

それと私の想像なのですが・・・

若い方の比率がすくないのですが、現時的には、若い方は、性同一性障害と診断されると、数年の間に性別適合手術を受けて望みの性になり戸籍も変更されて一般社会に溶け込んでいく方が多いようです。

そう言った方は、自助会から離れて行き、また新しいく、自分の性に悩むかたが入会されるといった具合に会員の交代が激しいと思われます。

それに比べて30代以上の特に既婚者の方は、ホルモン治療は行っているが、その先の性別適合手術へは、家族の反対を含めそれ以上進む事が出来ない状況なのかと思います。

特に40代、50代の方は、私と同じように20歳前後の若い頃には、「性同一性障害」という言葉すらなかった時代。

「男として生まれてきた限りは男らしくならなければ・・・」と世間の波に乗るように結婚をして・・・

そして数十年後、小さい頃からの性への違和感の原因が判明

妻がいる、子供もいる

でも、なにか充実感がない!

そんな不安な気持ちがつのる毎日

ホルモンは、ネットで調べてフライングで購入している方もいれば、きちんと病院で治療を受けているかたもいて人それぞれ。

でも、SRSまでは進む事が出来ない。

理由は人それぞれ


そう言った人たちの一つの例として私の体験記をこのブログで書かせていただきました。

私のように、最終的には、離婚をして子供達と離れ離れになり実の両親からも勘当されてしまいました。

それでも、私は後悔していません。

人それぞれ、環境が個々に違っていて、夫婦との信頼関係も全く違います。


独身の若い人と比べるととてつもないリスクを背おっています。

ただ一つ私が言いたいのは、決して後悔しない事。

自分の決めた道を信じて、それがたとえゆっくりとした進み方であっても決してあせらない事。

家族を絶対に恨まない事。

もし、もう一度この世に生まれて来れたら・・・

今度は、身も心も男として生まれ

改めて、別れた妻にプロポーズをします。

「結婚して下さい、良き夫として、そして良き父として、貴女と一生、過ごして行きたいです!」と


最後になりますが、既婚者で性同一性障害で悩む皆さんが一日も早く、自分らしい生き方が出来る日が来る事を祈っています。

努力は必ず報われますから!

ブログランキングに参加しています。

更新の励みになりますので、応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

↑ のロゴをクリックすることでランキングがあがります

スポンサーサイト

コメント

まんがいんく さんへ

こんばんわ~、はじめまして!
コメントありがとうございます。
今度生まれて来る時???
人間で生まれてくれば良いのだけど・・・
毛虫なんかで生まれかわったりして!!!
どちらにしろ、残りの人生、精一杯楽しむ事が先決ですね。

こんな歳になって性転換手術を受けましたが、それでもとても満足していますよ。
残りの人生、神様からオマケを頂いたと思って大事に生きて行きたいと願っています。

そうですよねぇ・・・どっちかはっきりした性で生まれてきたいですよねぇ・・・もう、めんどくさいし。

来世は、女で、というよりもどっちでもいいから、男の中の男か、女の中の女か。

Re: お礼:シークレットさんへ

こんにちわ~、こちらこそはじめまして!
MTFさんのブログって大抵は30代や40代の方が多いと思います。
若い人、特に独身の方は未来に繋がる治療ですが、私らのように結婚して子供もいたりしてからのトランスってはっきり言って、破滅の道です。
多くの方が離婚しているのが現状です。
そう言った中で、50過ぎの子持ちのおっちゃんが、性転換して望みの性になるまでの苦悩(?)を綴ってみたいと思い、ブログを書き初めました。

> 一言お礼が言いたくて、のん子さんのブログには、随分励みになりました、年齢も近い事もあり、共感できるところが多く、私の生きる励みになっていました。のん子さんのご家族との幸せを心より願っています。本当に、ありがとうございました。
私のブログって結構、50代以上の方が読まれているみたいなんです。
そりゃあ、この歳になって性転換なんて常識では考えられないし、世間も認めてもらえないと考えるんが当然ですよね。
私は手術を受ける事で、責任を他にぶつけるような事がなくなりました。
後は、自分の努力とやる気しかないと!!!
自分のこれからの人生を大切にするかそれとも家族を大切にするか?
それは、性同一性障害の病状と家族への愛情との大きさの違いでしょうか。
しかし、離婚したからと言って、妻や家族が嫌いだったと言う事には繋がらないし・・・
シークレットさんも、苦悩の毎日と思いますが、これからもご家族の方を大切にしてあげて下さいね!
何か趣味を持つ事も大切かと思います

> 又、機会があったら、ブログ書いて下さいね。
は~い!、何か新しい出来事に出会えば又ブログを書いて行きたいと思っています。
その時は、よろしくお願いしたしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 納筆だなんて。。。:あまともさんへ

あまともさん、こんにちわ~
人生ってさ、みんな、似通った道をたどっていくんですね。
ただ、それが時代が違って少し形が違うだけ。
悲しいけれど、それがちょっと普通の人と違う人生を送る事になった。
今思うのは、他人と違った人生を送れることができてこれも経験としてよかったかも?なあんて思ったり
色んな人の苦しみや悩みを知ることが出来て、人としてどうあるべきか?なんて・・・生意気な事を言っていますけど。

そう納得はしているのですが、別れた妻や子供達には申し訳なくて仕方がありません。
後悔しているわけではないのですが、最近特に、別れた妻や子供達の夢を見てしまいます。

私の今の課題は、どうすれば別れた妻や子供達を少しでも幸せにしてあげれるか!

彼女達が幸せになる事が、私の幸せ。

そんな事を考えていると、ブログを書いてストレス発散なんて逃げ口上

もっと前向きな姿勢にならなくちゃあ!と
丁度、きりがいい所で、ブログを一度終わることにしました。

またくじけそうになった時、ひょっこりと出てくるかもしれません。
その時は又、可愛がって下さいね。

あまともさんも、お元気でね!

Re: こんにちは:みいさんへ

こんにちわ~、こちらこそご無沙汰しています。

> この「既婚者の性同一性障害の治療について」は前編から全て読ませていただいていたのですが、まさかこれを最後にブログをおやめにすると書いてあったのであわててコメントしました。
性別適合手術そしていないので、性別も変更できない!
日常生活をするにも、四面楚歌で精神的にもボロボロに落ち込んでいた私が、望みの性別になる事が出来、その後、どのように心境が変化していくのか?という事を当初ブログで書きたいと思いました。
あれから1年8ヶ月、今では何とか女性として(配慮パス?)生活が出来るようになりました。
いつまでも、過去の事を引きずっているのではなく、一女性としてこれからは生きていかないと!
と思い、これからは性同一性障害という自分をさらけ出すべきではないと思ったのです。

> ひとそれぞれいろんな人生がありますよね。
> 私も子供はいなかったものの、カミングアウト当時は妻がおり、かなりの時間をかけて話合いをし、元妻の理解もあって今の自分自信があると思っています。
> しかし世の中全ての人が理解してもらえるわけでもなく、私も兄弟を含め、何人かにかなりきつい事を言われた経験があります。
> でも仕方ないですよね。
> 自分の幸せは自分自身で決めてかなえるものだから。
> だから私もトランスして全然後悔していません。
私は、二人の子供がいます。
でも逆に他の性同一性障害で悩む方達からすればすごく恵まれています。
だって、これから先、孫も出来て、おばあちゃんとして素敵な経験をさせていただけるのですから。
最近、別れた妻の夢ばかり見てしまいます。
苦労していないか?とか、ドジだから、包丁で指を切っていないとか・・・
あと10年もすれば、この病気も理解されて、機会があれば別れた妻と一緒に念願であったお店を二人でできればなあ・・・と望んでいます。
だって、決して嫌いで別れた訳じゃあないんだから。
彼女は私の女性としての鏡だと思っていますから!
そして今からでも、女性として1から色んな事を教えてもらいたい。

> のん子さん、もしこれから先辛いことがあったらいつでも連絡くださいね。
> そしていつもの新世界で串かつを食べながら、お酒を飲みながらまったりと語り合いましょ♪
近くだから、いつでも都合がつけば行けるもんね。
今度は、「てっちり」を食べにいきましょうか!
昔のように130円ではないけれど、「ずぼらや」で「ひれ酒」を飲みながら・・・
人生って何か楽しみがないとね。
みいさんも辛い事、沢山あると思うけど、くじけずに頑張ってね!
だって、沢山の仲間がいるんだもん
本当に、ありがとう!

Re: こんばんは:ユーリさんへ

> のん子さんのブログは、等身大の正直な気持ちを包み隠さずにつづられているから、共感する方がたくさんいると思います。わたしもそうです。
> とっても頑張られていらっしゃいますよね。
ユーリさんというより、私からすれば。「ユーリちゃん」、自分の娘のように思っていますよ。
貴女も良く頑張っていますよ、今のこの時間を一生懸命に生きている姿は、涙が出てしまいます。

> わたしはトランス前から未婚で、これからも独身のままかもしれませんけれど・・・既婚者のGIDの方の気持ちが、文面から伝わってきました。
ユーリちゃんにはきっと素敵な旦那さんが見つかりますよ!

> 後悔しないためにも、考えて考えて・・・考えすぎることはないのかもしれませんね。そして、自分なりの答えを見つけること。おっしゃるように、家族を恨まないということも大事だと思いました。自分だけが被害者で傷つけられている・・・なんていう風に考えちゃいけないんだと思います。
ユーリちゃんは、着々と自分の目標に向かって一歩づつ実現していっている事には頭が下がっています。
子供が憎い親なんて一人もいませんから!
いずれ判ってもらえますよ。
私は父から勘当されていますが、変なたとえですが、もし両親に何かあれば・・・両親の介護をずっとやってあげたいと思っています。それが私に出来る唯一の親孝行だし、そのためにヘルパーの資格を取ろうと思ったんだから!

> 人生まだまだこれからですし、応援しています。
> わたしも元気を分けてもらい、頑張りたいです。
ありがとう~、私はもう歳だから若い方のように出来る事なんて限られているけど、ユーリちゃんて、まだまだ若いのだから、これから一杯、楽しい事を経験できますよ。
私も、ユーリちゃんの幸せを祈っていますからね。

それと・・・
名の変更と性別の変更ですが、先に性別の変更を行うと、名の変更の理由は、「性同一性障害の特例」ではなく、「異性と紛らわしい名前」で申請できると思ったのですけど・・・
これだと、名の変更には何の資料や実績も要らないはずなんだけど・・・
どちらにしても、早く認められると良いよね。
ユーリちゃんの、女性としてのスタート、すごく楽しみにしていますよ。
苦労して得たものほど、素敵な思い出になりましから、これからも頑張ってね。
陰ながら応援しています。

納筆だなんて。。。

のん子さんの人生に拍手をしたいです。

多少の違いはありますが、あたしの人生とも重なる部分が多いからです。

あたしも、今こうして女性として生きる道を歩んでいますが、
後悔はしていません。

そして、ここまで歩いて来られた事を、すべての人に感謝をしています。

もちろん、別れた妻にもです。

たくさんの方に辛いこと、嫌なことも言われました。

でも憎むことはしていません。

そういう事があったからこそ強くなれ、今こうして女性として生きていけているんだと思っています。

のん子さんの歩いてきた道、今あたしも歩んでいます。

これからも、また胸を張って歩いた形跡をここに書いて道標としてください。

微力ですが、あたしも応援しております。

こんにちは

こんばんは。

少しご無沙汰しておりました。

この「既婚者の性同一性障害の治療について」は前編から全て読ませていただいていたのですが、まさかこれを最後にブログをおやめにすると書いてあったのであわててコメントしました。

ひとそれぞれいろんな人生がありますよね。
私も子供はいなかったものの、カミングアウト当時は妻がおり、かなりの時間をかけて話合いをし、元妻の理解もあって今の自分自信があると思っています。

しかし世の中全ての人が理解してもらえるわけでもなく、私も兄弟を含め、何人かにかなりきつい事を言われた経験があります。

でも仕方ないですよね。
自分の幸せは自分自身で決めてかなえるものだから。
だから私もトランスして全然後悔していません。

のん子さん、もしこれから先辛いことがあったらいつでも連絡くださいね。
そしていつもの新世界で串かつを食べながら、お酒を飲みながらまったりと語り合いましょ♪

こんばんは

のん子さんのブログは、等身大の正直な気持ちを包み隠さずにつづられているから、共感する方がたくさんいると思います。わたしもそうです。

とっても頑張られていらっしゃいますよね。

わたしはトランス前から未婚で、これからも独身のままかもしれませんけれど・・・既婚者のGIDの方の気持ちが、文面から伝わってきました。

後悔しないためにも、考えて考えて・・・考えすぎることはないのかもしれませんね。そして、自分なりの答えを見つけること。おっしゃるように、家族を恨まないということも大事だと思いました。自分だけが被害者で傷つけられている・・・なんていう風に考えちゃいけないんだと思います。

人生まだまだこれからですし、応援しています。
わたしも元気を分けてもらい、頑張りたいです。
Secret

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。