06≪ 2018/07/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、夢を見ていますか?

こんにちわ~、のんびりのん子です!

皆さん、夢を見ていますか?

夢と言っても、こんな仕事をしたい!とか、趣味とかじゃなくて、寝ているときに見る夢の事です。

子供の頃ってよく夢を見ましたよね。

怖い夢を見て、目が覚めて母親に泣きついたり・・・

そんな記憶も、今では遠い昔のこと

歳をとると、そんな夢もあまり見なくなってしまいます。


最近、すごく寝付きが悪いのです

お布団の中で色んな事が思い出されてきます。

長男として生まれ、父親からすごく大事に愛情を持って育ててくれたこと。

時には幼稚園の頃、母の鏡台の前で母の口紅を塗って人を食べたような口をして、ヘアー・ピース(今で言うウイッグ)を付けたり

高校・大学が一緒だった友人(男性)といつも一緒で、休みになると二人でドライブに行ったり・・・

そんな昔の事が走馬灯のように思い出されてきます。

小さい頃から長男として親の期待を背負って育ってきた私

親の希望に添えなくてはと、23歳の時に結婚

結婚すれは、夫として、父親として男の自覚が生まれてくるだろうと!


しかし、思い出されるのは、出来た子供に自分のオッパイを吸わせていた姿

結婚して二人の子供に恵まれても、父親として、男として自立できない私

二十歳頃にテレビで今で言う「ニューハーフ」の方がテレビに出演されていました。

すごく羨ましく、「自分もそうなりたい」と望む反面、「私は、そうじゃあない、普通の男なんだ」と

そう、言い聞かせて自分を正当化していました。

そうした、「もやもやした気持ち」を持ち続けたまま結婚生活を続けていたときにインターネットが普及しだします。

結婚して20数年、二人の子供もすでに二十歳を過ぎています。

丁度その頃ネットが普及しだし、自分の性癖と悩んでいた違和感が性同一性障害かもしれないということを知りました。

色んな病院を通っていましたが、私の病院の産婦人科の当直に来られる女医さんから先生の知り合いである岡山大学病院の泌尿器科の教授に電話を入れてくださり、その2日後に教授の診察を受けることに。

妻と二人で岡山まで行ったのですが、妻の「あんたの病気は、私が治してあげる!」という熱意に対して私の心や行動はますます助長していくばかり。

私の心の中では、「二人の子供も成人になったし、これからの人生は本当の自分として生きていたい」

もう暴走状態と言ってもいいくらいです。

岡山大学病院でGIDの診断を頂くと、数ヵ月後には、名の変更も済ませてしまいます。

名前を変えたことなんて妻には全くの内緒。

そして職場でもカミングアウトをして女性職員として働いていました。

その数年後には、美容外科で豊胸手術までする始末

どこの家庭でもそうですが、世間体を気にする妻

私が女になることを絶対に許しません。

「私は、一体、あんたの何なん?」

「お手伝いさん?」

毎日がギクシャクした生活。

「あんた、昼間は家から一歩も出んといて!」

というのも、その頃には、顔も体型も女性に間違われるような状態になっています。

近所の方は、妻に、「昨日、遅くに女の人が家に入っていったけど?」とか

「奥さんの車に知らない女性が乗っていたけど、あの人誰ですか?」

ひどいのなんか、私の事を妻の娘というお婆さんがいたり・・・

そんな毎日が続き、私は家の中に閉じこもったまま。

夫婦生活なんて到底続けていくことが出来ません。

私のこの姿のために、妻に、そして二人の子供の将来にも迷惑をかけてしまう!

もう離婚しかありません。

長女が27歳の時に東京へ嫁に行くことになりました。

私は、新婦の父として結婚式に参加します。

礼服であるモーニングを着ないといけません。

貸衣装屋さんでモーニングを借りに行くのですが、あまりにも細いのでどれもブカブカの状態

取り寄せてもらってなんとかモーニングは用意できたのですが???

胸は、豊胸して膨らんでいます。

結婚式に参列している皆さんも新婦の父である私を見て、ちょっと不思議な顔をしています。

あまりにの変化に妻の母も、「どうしたんですか?あまりにも痩せて、病気でもしているの?」と心配そうに声を掛けて来ます。

ホルモンを始めてからは容姿が変化しているので、妻が実家に帰る時も私は家にいたままです。

もう数年あっていないのです。

それだけに容姿の変化に驚いてしまいます。

離婚の話はずっとあったのですが、娘が結婚したこともあり、またこれ以上私がいることで、娘の離婚の原因になるのも心配だったので、その後すぐに離婚をして私が家を出ることに!

娘も今は30歳を過ぎています。

私は自分のエゴのために、妻の人生を狂わし、二人の子供を捨ててしまったのです。

あれから二人の子供にも一度も会っていません。

30年の結婚生活なんてあっと言う間でした。

私の心の中にはいつもこの罪悪感でいっぱいです。

特に最近は、ベッドに入ると、

「娘に子供出来たのかな?」とか

息子は大変、母親に優しいので、「○○ちゃん(妻)と良い話相手になったってくれてるかな!」

「○○ちゃん(妻)、無理して体、壊してないかな?」と心配と懺悔の毎日

時には、ベッドの上で座って頭を下げて数分、自分の愚かさに情けなくなったり。

そんな事が、夢の中に現れて、気がつくと体中に汗でびっしょりになったりしています。

あと何十年かかるか分からないけれど、この障害が世間で何の違和感もなく受け入れらるようになり

別れた妻の家に、「ただいま~」と胸を張って帰れる日が来ることを心から望んでいます。

他人から、「仲の良いお婆さん夫婦」と呼ばれるように!


ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、また応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

クリックすることでランキングがあがります

スポンサーサイト

コメント

飛鳥さんへ

こんばんわ~
>>悲しすぎますよね。今までの自分の人生を全て捨てなければ、女になれないなんて!

>>私は、出来る事なら今までの人生も捨てたくはありません。
もうちょっと頑張ってみます。

結果的には、子供たちを捨てた事になりますけど・・・
それでも、30年間の楽しい思い出、胸にいっぱい刻んでいます。
いつの日か、笑顔で再会できる日を楽しみにしています。

飛鳥さんも、捨てることなく、脇に大事に抱えたままでうまくいけるようになればいいですね。
途中でくじけちゃあ駄目だよ!

気持ち、痛いほどよく分かります

やっぱり、私達は、多少の違いはあれ、通る道は皆同じようなもんですね。読んでて、うるうる来ちゃいました。

悲しすぎますよね。今までの自分の人生を全て捨てなければ、女になれないなんて!

私は、出来る事なら今までの人生も捨てたくはありません。
もうちょっと頑張ってみます。

のん子さんがいつか、失ったものを取り戻せるように祈ってます。

Re:みなみさん 始めまして!

こんにちわ~、コメントありがとうございます!
子供には子供の人生があるし、こんな親のために子供の将来をつぶしてしまってはいけないと思っています。
子供には、「お父さんはもう死んでしまったと思っていて頂戴!」って。
でも、もし・・・
息子(現在28歳)が結婚するときに、「お父さん、結婚式に出席して欲しい!」なんて言ってもらえれば?
喜んで、長い髪の毛を短く切って、モーニングを着て出席させていただきますよ。
出席者の方々、「若くて綺麗な?お父さん」と驚くと思うけど・・・
なんだかんだと言っても人の親、子供の幸せは陰ながら応援していますから。

はじめまして

のん子さん。はじめまして。
いつも読ませていただいています。
おつらかったでしょうね。お気持ち、お察しします。
子供たちは子供たちの人生を歩いて行くと信じるしかない。世間体などで親としてしてあげられることは少なくなっているんだろうけど、親であること事は間違いない。きっといつか向かい合って話せる日も来るかも知れませんね。
Secret

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。