04≪ 2018/05/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自助会に参加しました!余談編(豊胸手術)

こんにちわ~、のんびりのん子です!

今回も長文になってしまいました(御免なさい)

先日のブログで自助会に参加した時のこと書かせて頂きましたがその時のちょっとした余談です。

MTFさんやFTMさんが沢山参加されていてゲームなどで楽しい1日を過ごさせて頂きました。

自己紹介では、FTMさんからは、「胸の切除を済ませました」とペッタンコになって胸にとても満足していたり・・・

FTMさんにとっては、膨らんだ乳房が嫌で嫌でたまりません。

逆に、MTFさんにとっては、この胸が大きくなって欲しくてたまりません。

女性ホルモンによる乳房の発達は色々な文献に書かれていますが、個人差があまりにも大きく、実際多くて方は、Aカップとか良くてBカップ止まり

Cカップ以上にまで発達するなんてよほど恵まれた体質(文献では受容体と説明されていますが)の人しかいません。

岡山大学でお友達になったMTFさんがいますがこの方は、現在60歳

8年前に岡山大学で知り合い、当時とある自助会に参加していたので、勉強会や飲み会で良くお話をしたの仲だった方です。

この人、女性ホルモンは、当時飲み薬(プレマリンなど)ではなく、パッチ薬を使用していたそうです。

それも、貼る場所は、胸に!!!

女性ホルモンというのは血管から吸収されて一度肝臓で代謝されて各受容体に働きかけられるので、胸に直接貼ったからと言って、胸の発達が良くなるというわけではないのですが・・・・

なんとその方、胸の大きさが現在、Fカップにまで成長しているそうです。

なんと羨ましいことでしょう!

こんな方なんて本当にまれな事例です。

私も8年ほど前にホルモンを初めて、1ヶ月目位から女性ホルモンの効果が出てきて、乳首が大きくなり、男性でも第2次成長期に起こりますが、乳首の先が痛くなる現象。

女性のように、乳首が大きくなり、同様に乳輪も大きくなってきます。

胸を触るとしこりのようなものが!

この乳首が、下着のシャツに擦れるのがとても痛い。

そういった現象が起こりだして徐々に胸が大きくなってきます。

胸が飛び出してきているので、今までのようなつもりで家の中を歩いていても、胸が今までより飛び出していることに気がつかずに、壁にぶつけたり時には、角にぶつけたり

これが、痛いののなんのって!!!

胸を押さえてうずくまっていまします。

こんな事って、MTFさんなら皆さん経験していますよね。

まあ、そんなのも3ヶ月位過ぎると痛みも無くなってくるのですが、当時のことですから、少しでも胸を大きくしたいと思い、ネットで色々と調べて、乳腺マッサージなどを試みます。

「お風呂に入った時にマッサージをするのが良い」と言った事が書いてあれば、お風呂で30分くらい、自分の「おっぱい」を一生懸命揉んだりして・・・

女性ホルモンの変化は年齢によるらしいですがだいたい、2年で変化が少なくなるそうです。

大抵の人があこがれるふくよかな女性の胸を夢見るのですが、皆さんと同様2年・3年を過ぎても悲しいかな、「Aカップ」止まり。

この時期にはすでに岡山大学で「GIDであることの診断」を頂いていたので、名前も女性名に改名済みです。

職場でもカムして女性職員として女性事務員の制服を支給され働いていました。

それでも、貧弱な胸が情けなくてたまりません。

そこで一大決心です!

そう、最後の手段は豊胸手術

豊胸手術には色んな方法があるのですが一般的には、「インプラント」の挿入です。

いわゆる、「シリコン・バック」を胸に入れるのです。

(シリコンを破れないような特殊な材質の3層くらいになった袋で包まれています、以降、シリコンと記載していますがこのバックの事です)

一般的に言われる「シリコン」には色んな種類や形があり挿入方法にも何種類かあります。

私の場合は、傷口が目立たないように、脇に3~4センチ程メスを入れてそこからシリコンを挿入します。

その場合も、挿入する場所が2種類あり、「①乳腺下法」と「②大胸筋下法」・・・合っているかな?

breast20anatomy.png


①の方法は現在のオッパイの下の部分にシリコンを入れる方法です。

これは、すごく自然で触ってもあまり違和感がありません。

ところが元の「オッパイ」が小さい場合は、シリコンの縁が目立つってしまうのです。

BカップやCカップの胸の方がDカップやFカップ以上に大きくしたい場合ならば自然な形に見えるのですが、私のようにAカップの貧乳の場合は、シリコンを入れていることがバレバレの状態になります。

そのために、胸骨の上にある「大胸筋」の下にこのシリコンを挿入するのです。
大胸筋に抑えられているので、シリコンの縁が目立ちにくくなります。

ところが、この大胸筋の下にシリコンを入れるためには、シリコンを入れる部分(ポケット)を作らないといけません。

手術の際の麻酔の方法にも、全身麻酔とか色々とあるのですが、自分の望みの胸の大きさを確認するために「硬膜外麻酔」という「腰椎麻酔」で術部だけに麻酔をかけて、意識は残しておきます。

麻酔が効いてくると、シリコンを入れるポケットの位置を先生がマジックのような物で円を書きます。

そして、脇から胸骨と大胸筋の間にヘラのような板を入れて剥離していくのです。

痛くないように麻酔はかけてあります。

マスクをして笑気ガスを吸っているのですが、笑気ガスの効きが悪いのが剥離するときに気持ちが悪いというか、はっきり言って、痛いのです。

ポケットが出来ると、いきなりシリコンを挿入するわけじゃあなく、一度、風船のようなものを左右の胸に入れます。

そしてその風船に生理食塩水のような液体を入れて徐々に大きくしてしていきます。

ある程度入れた状態で、先生から鏡を見せられて、「この位の大きさでどうですか?」と確認をするのです。

挿入するシリコンの大きさが決まると、今度はこの風船と取り出して、実際の大きさのシリコンを入れていきます。

挿入するシリコンって結構大きいです。

これを、3~4センチの脇の切り開いた部分から入れて行くのです。

胸の大きさって、女性もそうですが、左右の大きさが違うのが普通です。

大抵は、左側の方が心臓を守るために少し大きいようです。

私の場合は左が220ccで右側が240cc

大体、2カップほど大きくなるそうです。

左が終わって右を入れるときに、先生、このシリコンを床に落としてしまって!!!

慌てて、新しい別のシリコンを取りに行っていました。

テレビでよく、はるな愛ちゃんが、260ccって良く言ってるでしょう。

それは事なんです。

大胸筋って、腕に力を入れるとき、たとえば物を持つときに使う筋肉なんです。

特に肩の位置より高く腕を上げると、強烈にこの大胸筋を使います。

手術前の説明では、「2~3日」の筋肉痛程度ですぐに治まります」なんて言ってましたが、こんなの全くの嘘。

麻酔が効いている時はさほど痛くは無かったけれど、麻酔が切れた夜なんてもう痛くて痛くてたまりません。

痛み止めにもらっている飲み薬と座薬を指定されている時間より早く使ってしまいます。

一度ベッドに横になると、トイレに行くために起きるのなんて死にもの狂い。

ベッドの本体に紐を付けて、紐を頼りになんとか起きます。

1週間ほどで抜糸を行うのですが、痛くてこの1週間仕事なんて到底できません。

痛みがある程度治まるのも、1ヶ月近く掛かりました。

今でもあの痛みを思い出すと震えが来てしまいます。

豊胸手術の結果といえば、現在、トップバストが98センチでCカップとDカップの間くらいです。

「大胸筋下法」の豊胸手術は、SRSの手術より私的には、痛いと思います。

SRSは、場合によれば、「死」も覚悟しないといけないし、とても痛いと聞いていたのでそれなりの事前の覚悟もあったからだと思いますが・・・・


只唯一、「大胸筋下法」の良い点と言うと?

①「拘縮」の可能性が少ない
拘縮(こうしゅく)とは、人間の体に異物が入るとそれによる体内を守るために異物を「カルシュウム」で取り巻いてしまうのです。
漫画の「ブラック・ジャック」で書いてありましたが、手術をした時に体内に「メス」を入れ忘れていて、数年後に取り出すと、メスは「カルシュウム」で包まれていって体内が守られていたってお話。

シリコンがカルシュウムで囲まれてしまうと、硬くなってしまいます。
そのために、定期的にカルシュウムが取り巻かないように、胸のシリコンを思いっきり押さえて膨張させて表面に付着したカルシュウムを落としてしまうのです。
特に手術後はこれをしっかりしておかないと、拘縮を起こしてしまします。
これが痛いのなんのって!!!
ほんと経験した人でないと分かりません。
まあSRSの後の「ダイレーション」と同じようなものでしょうか。
術後、数ヶ月は1日数回、以後、永遠にこれをしないといけません。
これをすると、胸が柔らかくなります。

はるな愛ちゃんが、「机の角を見るとつい胸を押さえたくなる!」というのはこの事なんですよ!

②胸が垂れる事が少ない
大胸筋の下にシリコンを入れているので、大胸筋という筋肉でしっかりとシリコンをサポートしているので垂れることがありません。
たとえれば、筋肉ブラジャーを常にしている状態です。
歳をとっても垂れる事がなくいつまでも綺麗なお椀型を保っています。
そのために、特にブラジャーをする必要もなく、そのため、私っていつもノーブラ状態です。
出かけるときに「胸を少しでも寄せるためにブラジャーをする」って感じ

と、いつものように前置きが長くなって申し訳ありません。

この豊胸手術をしたのが今から5~6年前

これで自助会の交流会に参加したのですが、私の胸を見た役員さん

「ホルモンだけで、そんなに大きくなったん?」と驚いています。

そりゃあ、びっくりするでしょう!

「乳デカ女」

特に横から見ると「おっぱい」が前に突き出していますから。

「あ~、それで・・・」と

そして私、「左が220で右が240やねん!」というと、隣にいたMTFさん

「え!220万円もすんのん?」と驚いています。

この数字は、はるな愛ちゃんもよく言っているように、胸に入れているシリコンの容量のことなんですよ!

これからホルモンを始めようと考えているMTFさん含め、知らなかった人は覚えておいてくださいね!

しかし、あの時の「ごっつ痛かった」事を思い出すと2度としたいと思わへんわ!

銭湯に行ったら、可愛そうなくらい小さな胸の女の人が多いから・・・

あんまり心配することはないと思いますよ!

と、言ってる私は・・・

純女さんのオッパイを触らしてもらったり?

暇があったら、自分のオッパイを揉んで楽しんでいますけど!!!


ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、また応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

クリックすることでランキングがあがります

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。