04≪ 2018/05/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害までは行かなくても?

こんにちわ、のんびりのん子です!

今日もヘルパーの特別老人養護施設での実習に行くことが出来ませんでした。

小さい頃から心臓があまり丈夫でなかった私。

特に走るのが大嫌いでした。

中学の時も、400mや2000mのタイム測定なんて死にそうになって走っていました。

体操系は得意だったのですが(マット競技では後方空中回転、鉄棒系は大車輪なども出来ました)、なぜかこの走ることが苦手な私。

高校の時は剣道部に入部していたので(このクラブに入ったために?高校入学時に150センチほどの身長が高校を卒業する時には176センチくらいまで伸びてしまいました)、基礎錬で弁天町から大阪港まで剣道着を着て走るのですがこれが辛くて辛くて仕方がありませんでした。

いつも心臓がバクバク状態。

とにかく走ることが苦手だった私。

それも20年近く前から急に体力が落ちてしまい、少し動くと疲れが出てしまい、ちょっとした階段を上るのも心臓の動悸が激しくなるようになりました。

それでも、二人の子供を育てないといけないので気力だけで頑張ってきました。

15年ほど前に業務中に腰痛捻挫を起こし1ヶ月ほど入院生活。

医者からは「10キロ以上の物は持たないように」と言われる始末。

ましてや、女性ホルモンの服用による筋力や体力の低下

そして昨年のSRS(性別適合手術)の後の普段、あまり動かない長いベッド生活で「廃用症候群」による筋力の低下に拍車を掛けて・・・

手術後、普段からもっと動いていればここまで体力が低下することがなかったと後悔しています。

運動時の筋肉に送る血液中の酸素の供給に心臓がついていけないのでしょうか?

昨日、2日目の実習に行くことが出来なかったので、「明日は何としても行かなくては!」と意気込みだけは一人前で、夕方から近所に出来た新しいスーパー銭湯に行き、マッサージ・バスや電気風呂で念入りに身体の疲れをほぐし、帰りには、新しく出来た国道沿いにある廻り寿司で普段食欲の無い私、満腹になるまで栄養を摂り、明日に備えようと、帰るなり睡眠。

今朝の4時半過ぎに目が覚め、出かけようと思いますが、初日のことが目に浮かぶのか、それを思うだけで心臓の動悸が激しくなり横にもなっておられない状態。

何度、救急車を呼ぼうと思ったことか・・・

ベッドの上に座っていると少しでも楽になるのですが、それでもなかなか収まりません。

「セルシン」というお薬ももらっているので(これは精神的なことによる心臓の動悸を抑えるお薬)これを飲むと少しましになるのですがそれでも30分ほどすると又も動悸が激しくなります。

いわゆる「パニック症候群」の

=== 予期不安 ===
患者は、パニック発作に非常に強烈な恐怖を感じる。このため、発作が発生した場面を非常に恐れ、またあの恐ろしい発作が起きるのではないかと、不安を募らせていく。これを「予期不安」という。そして、患者は神経質となり、いつも身体の状態を観察するようになる。そして、持続的に自律神経症状が生じることとなり、パニック発作が繰り返し生じるようになっていく。

のような状態

通常、ヘルパー2級取得のための講習会は大抵、講習期間中にあるのですが、今回の講習は座学が前半にあり最後の1週間がこの実習になっています。

8月の初日から始まり2ヶ月半、「介護報酬事務技能検定試験」と「福祉用具相談専門員」、そしてヘルパー2級に関する座学は全て終了し、後はこの実習をこなすだけになった今

これがどうしてもこなすことが出来ません。

これが終了しないと、「福祉用具相談専門員」の資格もいただけないとの事。

お年寄りや障害者の介護は、「残存機能の活用」が原則です。

「自分で出来ることは、出来るだけ活用するようにして、出来ないことだけをお手伝いする」というものです。

これは、私にとっても同様に、「こんな私にでも少しでもお手伝いできることがあれば、手助けをしたい」

そう思って通い始めた、「ヘルパー2級取得講習会」

はじめの意気込みとは正反対に完全に自信喪失

今朝も、「やはり私には無理!ヘルパー資格もあきらめよう・・・」

そう思い、今日の実習に参加することを断念しました。

実習先の担当者の方にお休みの連絡を入れると、その件について、私の通う学校から連絡があったそうです。

体調の悪いことがわからなくて、初日は元気にデイサービスで利用者さんと楽しくしていたので大丈夫だと思っていたそうですが、そんなに私にとってきつかったとはわからなかったと。

逆に叱られてしまいました。

「疲れている時などは、その事を言ってもらわないとこちらのほうもわかりませんから」

「たとえ慣れていなくても、こちらも働いている職員さんと同じようなことをお願いしますし」

そうです、全ては私自身の責任です。

私が始めにきちんと今の身体の状態を報告すべきだったのです。

学校でもある先生からは、「面接の時に身体の事をきちんと説明すべきだったのと違いますか?」と。

それでも実習先の担当者の方が優しい言葉を掛けて下さります。

「この実習が終わらないと折角の受けた講習の資格が頂けないのでしょ?」

「3ヶ月とか6ヶ月とかの間にこの実習を終えれば良いと思いますので、身体の調子の良い時に残りの実習を受けに来てください」

「私の方は、いつでも実習の受入は出来るようにしておきますから」

「朝の開始も少し時間をずらしてもらっても結構ですから・・・」と


なんと優しいお言葉

話をしているうちに、次第に涙声になってしまい・・・・


よかれと思い通いだしたヘルパー講習

沢山の方にご迷惑を掛けてしまいました。

そんな沢山の方からの愛情を受けている私

それに対応できかねない私

「いい女になりたい!」って、何を言ってるんだか!

その前に、人として、まずは一人前にならないといけないでしょう。

もう、情けなくて情けなくて、ただ涙があふれるばかりです。


ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、また応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ


クリックすることでランキングがあがります

コメント

こんばんは

のん子さんの気持ち、真剣に取り組んでいる姿勢が施設の方に伝わっているから、そういう提案があったのだと思います。きっと。

焦らないで、マイペースで。
お体の調子が回復されますように、お祈りしております。

のんびり行きましょう

のん子さん、焦らないでのんびり行きましょう。
お年寄りにたいして若い方と違う対応が出来るのですから。
Secret

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。