07≪ 2011/08/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人に感謝!

こんばんわ~のんびりのん子です!

又もブログ、さぼっていました。

意識不明で救急車で病院搬送事件?など色々と沢山の出来事があったんですが、今回はあるブロガーさんの記事を話題に。

私が入れたコメントは以下の内容

今まで私、やっぱり他人にどのように思われているのかすごく気になっていました。
先日、仲の良い友人(専門学校時代の40位の女性)に相談事があるんだけど?と2時間ほどカラオケルームでお話していたんです。
結局は1曲も歌うことなく出たんですけど・・・彼女から言われてやっと気が付いたんです。
どんな気持ちで性転換して戸籍も変えたのか!
私、あの時の死ぬ思いを忘れてしまっているのでした。「他人にどのように思われても良い、死ぬときは女で死にたい。」トランスする時は、決して他人から見て女性と見られるとは限らないと思ってホルモンを始めたはず。
人間って、最初の志を忘れてつい欲を出してしまうのですよね。
それからは、他人から、オカマと思われようが変態だとか思われても気にならないようになりました。
そう、元々が男の体だったんだから、女性に見えて不思議な事。
これが私の残された人生の生き方。
自分の決めた生き方に自信と誇りを持っていこうと決心しました。もし美容院で男性用の雑誌を持って来られたら、「ちょうど私これ読みたかったんだ!」ってかわせばいいんだし!
昨日、私も前髪を短くしてもらいに行きました。
美容院と散髪屋さんのちょうど中間のような感じのお店です。
「男性・女性、カット1000円」と書いた看板があったので近所の事もあり始めて入ったのですけど?
散髪屋さんのようにおっちゃんやったらどうしよう?と思ったのですが、若い女性2人でやっているお店。
本店は新世界にあるそうです。
丁寧にカットしてくださり、長く伸びた髪の毛先もそろえて頂いて、1000円。
めっちゃ安い~「もし具合悪いようでしたら、いつでもきてくださいね!」とすごく親切。
「他人からどう思われようとかまわない」って覚悟すれば、生きている事が楽しくなってきました、自分の気持ちに正直ならば他人の目なんかどんな事にでも耐えて見せると・・・
友人の助言に感謝しているのん子です。
のんびりのん子

これは、MTFさんが始めて行った美容院で出された雑誌が何歳くらいを対象にされた雑誌を持ってくることにより何歳くらいに見られているのか?という事だったのですが、私のコメントはまるっきり本文の内容からは的外れ。

私もMTFの皆様同様に他人から一人の女性として見られたいと望んでいました。

それにも増して、「可愛くて」、「少しでも若く」、・・・となんと厚かましい事。

でも先ずは、「女性」として見られることが先決。

皆さんのブログを読んでいると必ずと言っていいほど、「パス」と「リード」の話題があり、私自身もそれで毎日が一喜一憂の日々。

運命のいたずらかのように、日々老人になっていく毎日。

仕事もうまく行かずお世話になった叔母もこの7月に無くなり叔母の世話をするために取ったヘルパーの資格も結局は全く生かすこともできず!

色んな悩み事を抱えて神経的に参っていたので4年前のパソコンの職業訓練で一緒だった40代の一番仲の良い女性に時間を空けてもらい、仕事が済んでからお会いして2時間ほどカラオケルームで悩みを打ち明けたのです。

彼女から色んな助言や話をして頂きました。

私らは自分が「性同一性障害」だから少しでも理解して欲しいと世間に訴えたりしています。

彼女自身の子供の頃の辛い思いを聴かされました。

学校時代やその後の飲み会で少しは聞いていたのですがあからさまに聞かされたのは初めてです。

アトピーの皮膚病を患っており、特に子供の頃は顔や体中がミイラのようにカサカサのぶつぶつで腕なども黒い斑点模様。

小学校6年間、30人クラスで自分一人を除いて残りの29人から言葉では言い表せない差別用語をあびせられ当時の事ですから、たとえ担任の先生に訴えても全く取り合ってくれません。

中学、高校に入っても同じ事。

人というものを信用した事がなかったそうです。

高校を卒業して働くようになり、そこで仕事の楽しさとやりがいを得る中で多くの友人が出来、アトピーをいう皮膚病を抱えながら結局は18年間も空港の免税店で働くことが出来たそうです。

彼女と4年前に一緒だったパソコン教室は29名でうち男性が4人で女子は私を含めて25名。

当時はまだSRSもしていなくて(豊胸手術はしていました)戸籍は男性でしたがハローワークの方で女性扱いで申請して下さっていました。

初めてカミングアウトしたのが彼女一人だったのです。

先日の話

皆は私が男性であることに気付いていたそうです。

でも皆さん、一切そのことに触れずに私を女性扱いしてくださっていました。

バレンタインデーの時も、4人の男性にチョコレートを渡すと、お返しにとすごく高価なものを頂いてしまいました。

ここずっと気になっていたのが、結婚する時に一生幸せにすると言って30年連れ添った妻と二人の子供を捨ててまで離婚して、性転換手術を受け戸籍を変えた事。

それを話すと。

「ええやん、それで!」

「一応親としての役目は果たしたんやから」

そして、「自分が女になりたいと自分の気持ちを通したのだから、他人からどうこう思われようが言われようが気にする事がおかしいのと違う?」

「この前で宣言しいや」と彼女に言われ?

「私は、オカマ・ニューハーフ・くずれの元男です。他人からどのように思われてもこれからも自分の気持ちに正直に生きて行く事を宣言します」

そういうと彼女、「ニューハーフくずれとまでは言わへんけど!」って

トランスする時は、ただ女性になりたかっただけ。

本当の自分を取り戻してそして女性として死んでいけること。

たったこれだけの希望。

それが、女性の体を手に入れ戸籍も変えることが出来ると、当初のちっぽけな望みを忘れてしまい、些細な事に気を落としてしまったり・・・

初めから覚悟していたはず!!!

それをすっかりと忘れてしまっているのです。

他人からどのように思われようがそれで迷惑を掛けていないんだから、何の文句もいわれる筋合いもないし

そう考えると、今まで重く圧し掛かっていた肩の荷がすっと軽くなりました。

「これが私の生きる道」

そしてもっと感謝しなければいけない事。

見るものから見れば私らのようなMTFは、いわゆる「ニューハーフ」だとか「オカマ」と分かってしまいます。

それを言うか言わないかもありますが、私と一緒にいると、一緒にいる者もその関係者かと疑われてしまいます。

彼女、「私も同じように思われていると覚悟してるよ、でも私は気にせえへんから!」

自分自身、全く気が付かなかったのですが、私と一緒にいることが同類項に見られている事を。

それを承知で友達でいてくださる方々、感謝の一言です。

先日のブログで高校・大学と一緒でいつも2人一緒でドライブや映画・野球観戦に行っていた友人に性転換手術と声の女性化手術を受けた事を告げ、一度会って欲しいと言うと・・・

「今は、逢われへん」とか、「逢う決心がつかへん」と言われた事。

彼の言う意味がやっと理解できました。

最後に彼女からの助言をもう一つ。

「自分の体を安売りしたらあかんよ!」

「特に男によっては、ニューハーフは妊娠の心配がないし興味があるから声を掛けてくることがあるから」

「本当に自分の事を思ってくれる男性と一緒になってね!」と。

彼女は私を一人の女性として扱ってくださっています。

MTFの方が想像する女性と元々女に生まれて小さい頃から女として育ってきた女性とは根本的な考えが違います。

これからも彼女達から沢山の事を教えて頂こうと思っています。

松ちゃん、本当にありがとう。


ブログランキングに参加しています。

更新の励みになりますので、応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

↑ のロゴをクリックすることでランキングがあがります

スポンサーサイト

嘘やん!

こんばんわ~のんびりのん子です!

ちょっと色んな事が沢山あったんだけどそれは又別の日にね。

やっぱり今日もこの時間になっても寝る事が出来ません。

実は、1週間ほど前に救急車で病院に運ばれたんですよ!

先日退院して家に帰って来たのですが、どうも家に戻ると体調管理が悪くて・・・

夜中のこの時間にパソコンを見出して・・・

初めての職業訓練校で頂いた免許証

工事担任者のコピーのコピー

今から約5年ほど前に頂いた資格なんですが当時、全国で初めての職業訓練校で頂ける資格だったそうです。

一応、国家資格の「総務大臣免許」です。

定員30名で入学した人は16名

あまり人気が無く、私が入学した科目は今は別の科目に替わってしまいました。

職業訓練校のホームページやパンフレットには長い間、私の後姿の写真が長い間載っていました。

その時の写真がこれ

suphot11.jpg

それにしても免許証にこんな写真なんてありえへんやんねぇ~

今月、自動車運転免許の更新のために、門真か光明池自動車試験場に行かなくては駄目なんだけど・・・

って、もう5年ほど自動車には乗っていないし!

私が自動車免許を取って既に40年も経ってしまいました。

初めて取った免許は自動二輪免許

当時は、今のように限定とか小型とかはなく、原付免許か自動二輪の2種類しかありませんでした。

いわゆ「飛び込み」と言われる試験場に直接行って、学科と実地試験を受けるやつです。

高校1年生の時に、学校を昼からサボって試験場へ

学科は高校生と暗記力には得意ですから問題ないのですがいわゆる、「引っ掛け問題」が多くありそれに注意しないといけないこと。

それと問題は実地試験です。

当時の試験は今のような車体重量が300キロ近くあるようなあんなすごいのではなく、昔お米やさんが使っていたホンダのベンリー号という125ccの荷台付きのオートバイ。

ところが私、単車なんて乗ったことが無いんですよ。

それでいとこのお兄ちゃんのバイクを借りて1週間ほど猛特訓

大抵の方は1回では無理で何度か挑戦しないと駄目と言われていたんです。

それが何と1発で合格

「嘘やん!」て言いかけです。

運転免許の更新をするかどうか実は迷っているのです。

折角取った免許だから勿体無いとは思うんですけどもう乗ることも無いだろうし・・・

ちょっと迷ったんだけど、今は身分証明として運転免許証が一番便利だし。

身分証明用に原付免許を取っている主婦や女性も結構いるとか。

まあ、とりあえずは更新しておきましょうか!

乗る立場から乗られる立場に変わったけども???

ちょっと下ネタが入ってしまったけど・・・

それじゃあ、今から又私の「新之助様」のビデオを見ながら寝ま~す!

又ね~ バイチャ!

同窓会のアップ写真

ブログランキングに参加しています。

更新の励みになりますので、応援してくださいね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

↑ のロゴをクリックすることでランキングがあがります

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。