07≪ 2009/08/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイからの帰国、3ヶ月たちました!

こんばんわ~、のんびりのん子です!

タイでの性別適合手術をして日本に帰国したのが5月の30日。

あれから3ヶ月経ちました。

手術後、タイからの帰国の時に空港に病院から頂いた手術証明書を見せるように言われていたのでアテンダーさんにパスポートと病院で頂いた書類を預けました。

アテンダーさんが空港の受付でその書類を渡すと、カウンターの方がなにやら電話を入れています。

すぐに無線機を持った女の方が来られます。

その女の方、書類をコピーさせてくださいと言ってしばらくその場を離れましたが数分後・・・・

車椅子を押した男性と一緒に戻ってきます。

そしてその車椅子に座ってくださいとのこと。

あとでその書類を良く見ると、手術をした後で1ケ月ほどの間はベッドでの生活が必要で移動には車椅子が必要とのような事が記載されています。

日本からタイの空港に着いた時、入国の出口が分からないし、出口までの距離も恐ろしいほど長い。

50メートル以上あるような動く歩道が何本もあるのですが、手術したあとでこれだけの距離を歩けるか?とすごく心配していたのです。

そんな心配もいっぺんに吹っ飛んでしまいました。

空港のカウンターで車椅子に乗せてもらうと後は、もうVIP扱いみたい。

ずっと車椅子に座ったままです。

出国手続きも外国人の場合は沢山の人が並んでいるのに、そのカウンターを通り過ぎてそのまま別のカウンターに。

車イスを押してくださる空港の係りの方は特別な資格があるみたいです。

待ち時間なしで奥のカウンターで、その方が出国の手続きをしてくださります。

手荷物の検査も、その方が全てやってくださりますし、身体検査も、車イスから少し立つだけであっというまに終わります。

そしてそのまま、車椅子に乗ったまま空港内の免税店の中を色々と案内されたりします。

搭乗口にも連絡が入っているようで、そこの係りの方も「搭乗時間になるとお呼びします!」というような事を言ってくださります。

搭乗時間になると、車椅子のまま飛行機の扉まで連れて行ってくれます。

飛行機も、中央の4列席の端です。

それも私一人だけ。

飛行機のなかで6時間近くも座っていられるかしら?と心配していたのですが、私一人なので、シートに寝転ぶ事ができます。

あれだけ心配していたのに、あっけない帰国です。

日本に到着して又もや驚きです。

関西空港に着くと、キャビンアテンダーさんが私のところに来て、他の乗客が降りるまで待っていてくださいとの事。

全員が降りた後で、キャビンアテンダーさんが私を支えて飛行機の出口まで連れて行ってくれます。

そこには・・・

今度は、関西空港の日本人の係りの方が車椅子を押して待っていてくれるのです!

ほんとうにびっくりです。

タイの空港から日本の空港まできちんと連絡が入っているみたい。

今度は、日本の航空会社の女性の方が、車イスを押してくださります。

モノレールにも一緒に乗って、荷物も受け取ってくださり、私は車椅子に乗ったまま。

なんて楽な帰国だったのか

あれから3ヶ月経ちましたが、昨日のように思い出されます。

そしてそこには、私の弟が迎えに来てくれていました。

それにも驚き!

続きは又ね・・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ ワンクリックで、応援お願いしま~す!

スポンサーサイト

御免なさい、選挙行きませんでした!

おはようございます、のんびりのん子です。

昨日の総選挙、すごかったですね。

民主党、完全勝利!

まるで、パチンコの「エバンゲリオン」の完全勝利って感じ

て、私、「エバンゲリオン」の漫画って一度も見た事無いんだけど・・・・

エバンゲリオンって名前を聞くと、私の事を、「おばんゲリオン」って言われているような気がするし!

先日のブログにも書いたのですが、入院していた関係もしれませんが選挙の案内が届いていないので、私、選挙に行ってないのです。

昨年の10月にこの地域に引越ししてきたし、何処の投票場に行ったらいいのかわかりません。

いちおうネットで調べて、場所を確認したのですが、「地図を見れない女」ですから、理解出来ないのです。

投票の案内が無くても、選挙人名簿の確認で投票できるような事も書いていましたが。

民主党が政権を取って、少しは世の中、変わるでしょうか?

大多数の国民は、この100年に一度と言われる不況を乗り越えて豊かな暮らしが出来る世の中を期待して投票したと思うのですがね。

100年に一度って言うけど、それじゃあ今から100年前の大正初期の不況ってどんなんだったのだろうか?って考えてしまいます。

私が、学校を卒業して働き出した時は、企業と言うのは終身雇用制度という日本独特の制度が当たり前だった時代。

22歳、大学を卒業して60歳になるまでの約38年間、一生その会社で働いて退職金を頂き老後を過ごす。

それが当たり前だし、当然だと思っていました。

高度経済成長の時期もあって、給料も毎年、うなぎのぼりのように上がって行きます。

基本給が1万5千円も上がるなんてちっとも珍しくありません。

住宅ローンにしてもステップ償還と言って、今は返済額が少ないけれど、5年後とか10年後には返済額が増えるという返済の仕方がありました。

当然それは、支払額が増えるころには給料もそれなりに上がるという予想から。

ボーナス併用返済だと、1回のボーナスの返済額を40万円くらいにしてる人なんて方も多くいます。

賃貸マンションの家賃にしたって、段階的に家賃が上がるというのも沢山さりました。

それと、「ゆとりのある生活」とか言って、「日本人は働き過ぎる!」と労働組合が運動し、週休2日制度の導入。

そういった世の中から、いつの間にやら、「派遣制度」というのが出来て、企業は終身雇用制度から「必要な時に必要な人材を必要な人数だけ補充する」という合理的?な雇用形態を採用するようになりました。

古くからあった日本独特の「年功序列制度」も崩壊し、外国からの安いコストの製品の輸入や労働力の参入。


私がパソコンを始めたのが昭和60年ぐらい。

中途半端な機械を買って途中で飽きて辞めてしまわないよう自分を窮地に追いやる意味も込めて、当時発売されたばかりのNECの32ビットのパソコンである、「PC9801RA5」という内部メモリが1メガバイトで20メガバイトのハードディスクが内臓した最新機種。

これが定価で約80万円。

それに増設メモリ、2メガバイトほどで22万円

カラープリンタがドット式という針でインクリボンを叩くタイプ。

これが38万円程

場合によっては、この針が折れて、この印字する針部分を交換したりすると部品代で3万5千円。

それと、肝心なモニター

14インチのブラウン管モニターが14万円くらい

しかし本体には、必要なソフト、基本ソフトである、「OS」と呼ばれる、今で言う、「Visuta」とか言うもの付いていません。

全て購入して自分でインストールします。

今でこそ、ワープロの定番であるマイクロソフトの「Word」も当時は影が薄く、一番使われていたのがジャストシステムの「一太郎」というワープロソフト。

当時はフロッピーが主流ですから、バージョンが上がると、それなりに機能の増えてきて、インストールする際のフロッピーの20枚を越えてしまいます。

指示に従って、1まいづつ交換していきます。

インストールするのに4時間くらいかかってしまうなんてざらです。

最後の1枚のところで、こけてしまって(インストール失敗」して再度初めからやり直すことなんて何度でもありました。

総額160万円ほどするパソコンを約半額近い金額で購入して付録で付いているプログラム言語であるベーシック言語を勉強してゲームを作ったり、大学の教員養成の時の実習先で教えていた、当時の主流のプログラム言語であった、「コボル」や「フォートラン」でプログラムを組んだり。

当時は、まだメモリってすごく高価なじだいですから、如何にメモリを少なくして、処理速度の速いプログラムを作成するかを要求されます。

今のようにグラフィックを多用することなんてまずありません。

画面なんて、罫線で枠組みして文字を入れるだけ。

そういう時代から、半導体の製造技術も向上し、安価で供給されるようになり、今まで考えられないようなメモリを多用するプログラムに変わっていきます。

ある時期には、「消費は美徳」なんて言葉も流行していました。

あれから数十年、当時では考えられないような世の中になってしまいました。

就職にしたって、新卒又は、第二新卒で正規職員に採用される機会を逃した方は、一生、派遣やバイトで過ごさないといけないような世の中の形態。

こんな状態で、結婚して子供を育てるなんてとっても難しいのは当然です。

若い人達が、安心して子供を育てられる世の中になる事を、願っています。

私も、もう一度がんばらなくちゃあ!

夢は諦めずにね・・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ ワンクリックで、応援お願いしま~す!

小学生の時の私って?

こんにちわ~、のんびりのん子です!

入院していた時、数十年ぶりに逢った小学校の時の同級生の女の子

入院中は一緒にお風呂に入ったりして・・・

その子に小学校の時の私の印象を聞いたんですよ。

男子なんて休憩時間になるといつも教室の後ろでプロレスをしたりしています。

私、体が小さかったし、プロレスのような過激な事なんて絶対にできません。

休み時間でも一人で机で本を読んでいたりしていました。

その時の事を尋ねrと?

「う~ん・・・影薄かったなあ!」



中学の時も高校の時も、同じように存在感の薄い印象

高校の時の私の印象って、

「吉川君といつも一緒にいた男の子!」

吉川君は、高校3年間、大学4年間一緒だった仲のいい男の子

高校の時のクラスの女の子の私の存在って、吉川君の付録のような感覚

男から女になって、又も付録の人生、歩んでいきます!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ ワンクリックで、応援お願いしま~す!

あ~、すっとした!

こんばんわ~、のんびりのん子です!

実は、私、女性ホルモンを服用するようになってから便秘ぎみになったのです。

今日の話題は、ちょっと汚い話なので気分の悪い方や食事をされてる方は読まないでね!

今から約6年ほど前に大阪市立大学付属病院の産婦人科に受診していた時、先生から

「女性ホルモンを摂取すると水分が吸収されて便秘がちになりますよ」と

腸の働きを活発にする「ヨーデル」という便秘薬を頂いていました。

名前からして、とても出そうな?お名前です。

市販薬でいえば、お通じの薬で有名な「コーラル」と良く似たものでしょうか。

寝る前に、2粒、コップ1杯の水で飲むとよく朝は通じが良くなるとの事。

数年飲んでいたのですが、便通もきちんとあったので飲んでいなかったのです。

ところが、性別適合手術をして2ヶ月ほどしてから、又も便秘気味になってしまいました。

入院している時も、「小」の方は、1日に10回以上あるのに、「大」の方は4日に1回くらい。

昨日、退院したのですが、「大」の方が既に1週間から出てないのです。

トイレに行っても出かけているのに、肛門の出口で糞詰まり状態。

夕方の5時ごろから、トイレに座って一生懸命に頑張るのですが、全くでません。

「ヨーデル」を5錠、麦茶で3杯飲んで腸を活発にするのですが、これには最低数時間必要とします。

牛乳でもコンビニに買いに行こうと思うのですが、動くとトイレが漏れそうな感覚なのにトイレが出ない状態。

夕方の5時から今まで格闘です。

色々と腹部をさすったり、マッサージをしたりするのですが全く効果がありません。

「ヨーデル」を2錠追加で飲みます。

トイレを催したくなるとすぐにトイレに行くのですが、これが全くでないんです。

いちいち、その度にトイレに行くのが面倒なので、ついには、ベッドにビニール袋を敷いてトイレがしたくなったらベッドに寝た状態ですすことに!

慣れないと、ベッドの上でトイレをするなんて違和感があるのですが、タイでの性別適合手術の際に「オマル」をお尻の下に置いてした経験があるので、力み方も慣れたもの。

待つ事、4時間、お腹もぐるぐると言い出しどうも活発化してきたみたい。

「ひょっとしたら、お尻、裂けるんじゃないかしら?」と思いながら慢心の力を込めて頑張ります。

すると、あの、出てくる気持ちのいい感触!

「出し切った!」

よく、女性が分娩した時の感想を「長い便秘で大きなうんこをしたような気持ち」ってたとえる方がいますが、その気持ちわかります。

ベッドから起きて、ビニールの上に出し切った、「うんこ」をしげしげと眺めます。

「これが、私を苦しめてたんや!」と、勝負に勝ち誇ったような征服感。

太さは、約5センチ、長さは40センチからあります。

ビニール袋の上から、便を触ると、硬い硬い。

そして、持った感じでは、約2キロほどありそうです。

先ほどまで膨れていたお腹も今は、ぺっちゃんこになっています。

一瞬で2キロのダイエット成功!

テレビで大食いで有名な「ギャル曽根ちゃん」なんて、毎回、こんなうんちをしてるんですね。

一時は、救急車を呼んで病院で浣腸をしてもらおうかと思ったほどです。

女性ホルモンを服用しているMTFの方、便秘には気を付けてくださいね。

これからは、便秘にも注意して、寝る前にはきちんと、「通じ薬」飲むようにしま~す!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ ワンクリックで、応援お願いしま~す!

FTMさんのブログ?

こんにちわ~、のんびりのん子です!

最近は、ブログの書き出しにこの言葉を書かないとどうも調子が湧きません。

私が性別適合手術(性転換手術)をしたのが5月の11日ですからまもなく4ヶ月を迎えようとします。

手術をしたのは、タイのヤンヒー病院。

P5250016.jpg

P5250026.jpg

私の入院期間中に、3人のFTMの方とお会いしました。

あるFTMの方は、第3ステージの陰茎にインプラントを入れて、いつも「おちんちん」をぶらぶらとさせていました。

その方は30歳だそうですが日本に帰ったらすぐに結婚するそうです。

私の脳裏には、今でもあの直径5センチ近くもある陰茎(術後で腫れていたからと思います)が目にこびり付いてしまっています。

あんなご立派なものを、私のあそこに「セッティッグ」されたらきっと裂けちゃいます!

今日は、ちょっと、FTMさんのブログを読んで感じた事です。

ある方のブログに、

MTFさんは、女性の良いところをマネをし

FTMさんは、逆に男性の悪いところを手本にしている!って

MTFさんて、女性に見られたく思う一心で美容にも熱心だし、体型も女性らしく見えるようにダイエットをしたり、言葉使いや、動作も女性らしいしぐさを身に付けるのに一生懸命になっています。

FTMさんのブログを読んでまず感じるのが、一人称の自分(私)の事を「俺」と呼ぶ方が多い事。

最近の男子って、自分の事を「俺」って呼ぶ人って少ないんですよ!

普段男同士の会話でも、「僕」っていう男性が大半です。

改まった場所での会話や発言は当然、「私」と言いますし、言葉もすごく丁寧です。

「俺」とか、男性特有の汚い言葉遣いは、50を過ぎた「おっさん」ぐらいが使うくらい。

言葉遣いの綺麗な男性、とっても好感が持てます。

ある外国のFTMさんは、女性の時の見事なプロポーションを男性のように見せるためにすごく太ったりする努力をしたり・・・

ついつい背伸びしてしまうんですよね!

丁寧な言葉遣いをするFTMさん、私、大好きです。

あ~あ、又、人に嫌われるブログ、書いちゃってしまった・・・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ ワンクリックで、応援お願いしま~す!

プロフィール

のんびりのん子

Author:のんびりのん子
やっと、女になれました。
いい女になるのだから・・・・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。